ツアー催行の決定・中止・キャンセル規定 《各ツアー共通》


●最低催行人数

ツアーごとに定める最少催行人数に達した段階で、催行を決定します。

●催行の決定・中止

◎参加人数による決定
実施日の11日前に最低催行人数に満たない場合には、ツアーは中止となります。予め催行人数に達していた場合でも、実施日の11日より前にキャンセルが出て最低催行人数以下の参加人数になった場合、ツアーの中止をする場合があります。実施日の10日より後にキャンセルよる減員があってもツアーは実施されます。◎天候等による実施、中止の決定
ツアーの実施が決定していても天候や交通機関、道路の通 行止め等で開催が困難な場合には、中止する場合があります。このような懸念がある場合には、予め参加者にご連絡をして前日の17時までに決定をしてお知らせします。17時に判断ができない場合には、決定できる時間をお知らせします。上記の理由による中止の場合は、ツアー参加費の全額を払い戻し致します。集合場所までの交通費や宿泊費及びそのキャンセル料などは払い戻しの対象になりません。

◎ツアー途中の中止と参加費の返金
ツアーが途中でも中止の決定をする場合があります。ツアーのスタート後に下記の状況による変更や中止によるツアー参加費の返金は基本的にありません(※状況により返金の対象になる場合もあります)。参加者個人の集合場所までの交通費や宿泊費及びそのキャンセル料などは補償されません。
 
 ① 生命優先、事故者の搬送協力による中止
 参加者及び他の登山者の事故や病気などに対応するためツアーの行程の変更、中止、中断をする場合があります。
 山岳地域では、ガイドは全ての方の安全を守る義務があります。ご理解下さい。

 ② 天候判断による中止
 ツアーをスタートして後に急激な天候の変化等により、ツアーを継続できないとガイドが判断し、コース変更やツアー
 中止を決定する場合があります。今後の状況の変化や参加者すべての安全を優先して判断されます。

 ③ コースの変化による中止
 ツアーを実施するコースは予め下見や情報収集を行っていますが、直前の道路崩壊や雪崩、がけ崩れなどにより現
 地に行ってからツアーを継続できない場合があります。
 ガイドは現地にて最良の判断をしますが、コースの変更や中止の判断をする場合があります。

 ④ その他の理由
 上記理由以外の場合でもガイドが現地で参加者を安全にツアー催行や継続ができないと判断した場合には、コース
 の変更やツアー中止の判断をする場合があります。

●最少催行人数未満での開催

最少催行人数未満であってもツアー実施を希望される場合には、申込された方で最低催行の人数分の参加料金を負担いただければ開催できる場合があります。

●キャンセル規定

最少ツアー実施日の10日前からキャンセル料金が発生します。キャンセル料の規定は以下となります。
キャンセル規定
※団体、個人ガイド、貸切ツアーは別途規定があります
※前夜発の場合は、その前日からの扱いとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です